宇奈月ブログ

人生の旅人

植物

西瓜(水瓜)一本立ち、楽しい。

蒸し暑い日が続いて、梅雨明けになる日は いつごろかと、ぼんやりした頭の中で 思うこの頃です。と、畑の野菜に水をやりながら思っている。 よく観察していると、あっちこっちからバッタ が、集まっているが、長さは3㎝ぐらい。 あたまの両脇には、出目金の…

我裏庭に咲く可憐な草花。意外なドクダミ

今日、朝方から、降りそうな雨が、耐えきれず 小一時間地面を潤ました。庭先で、田植えの風景を垣間見ると、耕運機の音で、 やはり梅雨の感じが、意識の中に浮かびます。梅雨の宣告が下りました。 昨年よりも1週間も遅いといいます。今日の少しばかりの雨で…

なすびの食材待ちどうしい

しっかりなすび らしくなって来ました。 opop7976.hatenablog.com私は、なすびが料理に早く使えるようにと 首を長くして待っています。なすのその味を一番引き立ててくれる食べ方 で食べたいと思うのです。やはり私は、自分的にはナスの姿焼き(私の造語) …

鉢植え、地植えトマトやいかに。

ウオッチしていたトマトが、この好天気と高気温の 温慶を受けながら、鉢植え、地植え両方の土壌で そだちながら、本格的にまだ小さい果菜になりました。 今年は、鉢植えと地植えに分けて栽培しました。先に植えていた小松菜が邪魔をして、トマトの一部が 鉢…

木立(藤つる)力に今年も感謝。

5月15日には入梅でした。 まだ今年の梅雨明けは決まっていません。最近各都市では夏日が、想像もしない 都市で生じています。 この調子では、日本中が夏日になるのは、 時間の問題でしょう。自分たち家屋にとって、今年も頼りとしている 藤棚のつるが棚を覆…

野菜(なすび)の成長が早い

6月に入ってから、天気の状態から見るともう 夏が来たのかと思うくらいの日照りの強さが 続きます。洗濯物も朝一で干す炉2時間くらいで、薄物の 衣類は乾きます。なすびを植えて1と月が過ぎてきました。 たった3本の苗でしたがようやく、花が付き 小さな実が…

スイカの幼苗と他の植物たち

一週間がたったスイカの芽は、次第の幼葉の 2枚葉から3枚葉になりました。さらには若葉は3枚の間から ヒョッコリと首を出して、途中枯れの心配が 薄れてきました。1週間前も苗 今日の苗 今日の苗 これだけの種が成長するとは、思いませんでした。 思えば、去…

可愛い花:大金鶏菊は注意しよう。

今たいていの河川の規沿いや舗装のしてない 田舎道、小水路なの歩道脇に、黄色い コスモスに似た愛らしい花が群生しているのを 見る機会があります。この花は「大金鶏菊」と言います。この花は、輸入花として 日本に入ってきて、緑化、観賞、 ドライフラワー…

野菜(トマト)植えのその後さらに成長。

>急激成長 さらに時間が過ぎたが、思ったより 今年は、トマトの成長が早いようです。 かれこれ一週間の間に。opop7976.hatenablog.com分枝が生えて、というよりは びこってと言うほどの広がりで、 少しびっくり。鉢植えのトマト 丘植えトマト 今年はこんなに…

昨年のスイカの種、発芽す。

夏物のガラス茶碗、ガラスコップなど、 を出すとき、 昨年の夏、食べたスイカの 種を見つけました。小さなお椀に入ったそのスイカの種は 20粒ほどありました。今考えると、来年にはこの種を植えようと 思って、採っておい事を思い出しました。植えたい動機は…

野菜(トマト)植えのその後

五月初めに植えた3本のミニトマトに花が付きました。 かれこれ3週間が経ちましたが、この花付き経過 時期は遅いのか早いのかはわかりません。opop7976.hatenablog.com 今年は、 3本のトマトを2種類の植え方に分けて 植えてみました。①、1t本目は地植え…

南天と思い出。

蜜柑の花が咲き、その花が散り終える頃 決まって我庭に咲く花があります。 その花、南天が舞台に出るの季節が ようやくやってきました。白い花粒が新緑の 竹の葉に似た幼葉の間に、こんもり と咲いていて その色合いがすがすがしく 感じられます。決して目立…

野菜花を観賞の刺し花に

opop7976.hatenablog.com家の畑のやさい、小松菜の収穫をしています。 毎日収穫した小松菜は、醤油、マヨネース、酢、アジポン、ゴマ、などと 組み合わせながら おしたし、野菜炒め、 豆腐との和え物 と食卓にいろいろな変化を 与えてくれます。その小松菜に…

畑で働く昆虫たちのすごい能力

畑の野菜も終わりを迎えるころ、 なぜか昆虫が頻繁にやってきます。畑の花が散り始めるころを探知して 蜜がかれていくことを知っていて 早めに蜜を集めに回っているように 感じます。 一口メモ 最近ハチの研究で解明されたことがあります。最近分かったこ…

今年のミカンの実 

蜜柑の花がすっかり落ちて、先には小さな 実がなり始めました。 よく見ると、まだがくの延長のようなのから、 しっかり実の形になっているものも有ります。 これがそのまま大きくなると、とんでもない数 になるし、小粒になったり、甘さがなかったりと 害に…

蜜柑の花がすっかり落ちて、先には小さな 実がなり始めました。 よく見ると、まだがくの延長のようなのから、 しっかり実の形になっているものも有ります。 これがそのまま大きくなると、とんでもない数 になるし、小粒になったり、甘さがなかったりと 害に…

野菜の苗、変り植してみた。

ふらりと、スーパーに行きました。 花と野菜のコーナーに直行。 色とりどりの花が、すごい。花目当てのいろいろお客さん 老若男女もいろいろ、 その中に私もいる。今日は目的があり花コーナーと少し 離れた場所に移動しました。ヤサイの苗コーナーですね。 …

我家のエコロジー藤棚、紅葉。

題:我家の エコロジー藤棚、紅葉。西側紅葉 5月になれば、日差しが高いちらほらとが 続いています。近畿地方のいくつかの全国の都市では、 25度以上の夏日を記録する日が顕著に なってきています。いつも夏が近づき、最高温度とその日が 塗り替えられてい…

小松菜がすぐ収穫です。

野菜が成長してきました。 庭のミニ畑の小松菜がそソロソロ収穫時期になりました。 思えば2月の終わりに庭開きを小松菜に決めて 種をまいてから2か月チョイ経ちました。 ↓opop7976.hatenablog.com まだ寒い季節でしたが、寒さの対策に種の保温に かぶせるも…

遊歩道桜の桜とゴルフ練習

1957年中村寅吉さんの海外優勝から、 65年目 松山秀樹選手 遅ればせながら おめでとうございます。日本人が、どうしても挑戦で外国勢に押され 青木、中島選手を経て1909年に片山選手の 4位を最高に、後塵に甘んじていました。そして、 臥竜の思いは つい…

我が家の花、木立の小話

我が家にも少しばかりの花がある。 昔は、もっと多くの花があったが、 作業無精のためよく枯らしては 家内から小言を頂戴してた。今日、 近所の気の知れた主婦が、庭に 入り込んできて、家内と花や 庭に落ちた幼苗を見ては、 咲いた花の脇ではなやいだ 声で…

我が屋の花

春の日差しは相変わらず柔らかく暖かい。 夕方から雨にというが、今はその兆候はない様。 ほかの季節と違って、ぼんやりとした天候。柔らかい日にも関わらず、 待ちわびていた木々、草木の命の営みは、目覚ましい。 畑の菜は、1にち1日とそだっているのはう…

畑開きの小松菜

暖かい日が続く。朝餉の後に、小さな畑に向かう。畑開きで、小松菜を植えてから3週間が経った。 ビニールでの粗末なドームを作り、覆いかぶせてから 水を補給しながら2週間が経った。 小松菜を初めて、植え付けたもんだから、 少し不安ながら期待感が増す。…

遊歩道と白鷺と(1/2)

久しぶりに遊歩道に出かけた。自転車の握る手の、まだ冬から抜けきらない 余韻を残した微風が、手袋をつけない手の温もりを 取り去っていく。少し冷たいな。けど、大丈夫。逢えたらいいなあ。ひとり事と、無意識に出とる鼻うたで、気持ちを高める。勝手知っ…

家の雛菊と公園の花の仲間たち

今日も暖かい日になりました。夏とは違うやわらかい日差しが、 木々に当たると反射して、やわらかい影を作って います。庭先に出てみると ちっちゃな雛菊が、寄り添いながら咲いていました。昨年は広い範囲に咲いていましたが、夏に刈込んで ほとんどなくな…

蝋梅と紅白の南天

玄関に生けていた蝋梅が3週間にも なりますがが、元気にしていなす。近所の知人からいただいたのですが、 紅梅とはまた違う趣が有ります。長持ちするのは、秘訣がありまして 水につけたまま根元の方にはさみを入れる 事を 聞いていたもので、その効果による …

今年最後に咲いた花ーかに葉サボテン

カニバサボテンが咲きました。はなの先の赤い花びらが、なんともかわいらしい 山茶花の花も仲間にしてーーー。 この花が満開になると くる年の道しるべ のように 思います。私の家では 今年のさいごに咲く花ですから。毎年この花は、冬に花が咲き あふれるば…

今年最後の庭木剪定

あと今年も一週間、 後回しにしていた作業が 待ったなしになってきました。牧の木の手入れが、腰の痛いのを良いことに 先延ばしになっていました。業者に頼む手もありましたが、節約をかねて 素人の自分で決定。来年から、植木のごみは収集に規制が入るとの…

信号待ちで、ふと撮った晩冬のある風景。

題: 信号待ちで、ふと撮った晩冬の風景。ふと街角に出た、信号待ちに自然が目に写った。 皆、人達は、師走を乗り切ろうと急いでいたように見えた。 自然は、時をわすれたようだに見えた。 だが違っていた、 路傍の草木は、黄色のマントを脱ぎながら、 来年…

サツマイモの鑑賞用から植え込みへ~収穫にーーその2。

opop7976.hatenablog.com11月半ばに差し掛かってそろそろ 堀出す時期が来ました。 一人まいに茎、葉がしっかり サツマイモの弦は、枯れたとこもなく、 虫の食べられた穴は空いていましたが、 植えた時期の状態からは、ずいぶん 成長していました。 小ぶり、…