宇奈月ブログ

人生の旅人

西瓜(水瓜)一本立ち、楽しい。

蒸し暑い日が続いて、梅雨明けになる日は
いつごろかと、ぼんやりした頭の中で
思うこの頃です。

と、畑の野菜に水をやりながら思っている。
よく観察していると、あっちこっちからバッタ
が、集まっているが、長さは3㎝ぐらい。
あたまの両脇には、出目金のような目があり
頭の先から、2本の太くて短い角が出ていて
ハチ、ダンゴムシからすれば、危険だとか
持ち悪い感がないだけ かわいらしい。

よく考えると、ハチ、ダンゴムシより悪い虫だと
気が付いた。集団で襲われると一瞬に
葉は丸坊主。  やはり昆虫は野菜には大敵。

種をまき、メガでてから1ト月目を過ぎたスイカ
種は、すでに苗状を過ぎて、新芽が育ち茎も
太くなりました。育ちにはばらつきがあるのは
肥料が、少ないとこがあったのでしょう。


f:id:opop7976:20210622234942p:plain

f:id:opop7976:20210622234746p:plain

こうなれば一安心、
あとは、病原菌殺虫の散布も大切ですが
このバッタの生んだふ化幼虫の連中が
気にかかりますね。


● 1口メモ●

イカは混ぜスイカと言われるのか。

イカは英語―ウオーターメロンですが
中国で栽培された地域が西域(西域)から
伝来したことによって西の瓜と
なりーー>シーグアーーー>スイカ(水瓜)
となった。


ありがとうございました。

完。

原発で大騒ぎのトリチュウムとは

f:id:opop7976:20210621015713p:plain

東京電力福島第一原発では、2年後をめどに
トリチュウム以外を取り除いて、またトリチュウム
を希釈して海洋に放出することを2年後をめどに
決定し世間に発表しました。

国民の間で一躍有名になったトリチュウムとは
何ぞや。調べてみました。

トリチュウムとは、別名3重水素と言われています。
核種であり陽子1個、中性子2個から成り立って
いると言われています。このトリチュウム
は比較的半減期が12.32年と短いのが特徴です。
そして半減期を迎えたトリチュウムはヘリウムへと
ベーター崩壊する放射性同位元素です。

一方で生物学検知から見た場合、半減期は、10日あまり
で、例えば、有機物として摂取した(汚染された植物
と一緒に摂れる)ら40日で半減期になります。
生物が摂取した場合特定な位置に(例えば
脳、骨、内臓など)とどまることは起こりにくいと
考えられていて、セシュム137、ストロンチュム90
などとはちがいます。蓄積の性質が少なく病理の判断
では簡単に言えば、ないわけではなく大きな健康被害
は起こりにくいといわれています。

汚染水の中からトリチュウムを完全に
取り除くのは技術的にむつかしいといいます。

トリチュウムの濃度をここまで下げれば医学的に
被爆しても害がないという線引きはありません。

では害がないの判断は、水とトリチュウムとは
分離がむつかしいゆえに、

自然界という尺度でもって、海水中の濃度より
汚水槽が少なければ、放出できるとのは良しとする
という判断でしょうね。

2年後に迫ってその放出リミットが来た時には
今の調整がすんなりと行くかどうかには、私は
一抹の不安がありますね。


* *****

話が飛びますが
水素爆弾にも存在します。トリチュウムは必現
となります。構造上、水爆は、簡単に言えば
原子爆弾に水爆を組み合わせた複合核爆弾であり

原爆が点火装置みたいなもので、
原爆が爆発して高圧高温の状態で

ウェキペディアでは
「水素の同位体重水素三重水素
トリチウム)の核反応を誘発して
莫大なエネルギーを放出させる」
と解説しています。




******

私たちは、物質を人間の知恵で変えながら
利用して一歩でもより良い社会を作って
来ました。しかし原子分子の世界は変える
事はできません。

原子発電所の人類の得た恩恵は、はかり
知れません。豊かになり、便利になりました。
一方で、危険が付きまといます。
そして、最終処分場の場所が、すごく
膨大な費用が掛かり、廃棄処分場所
も初期状態です。果たして安全なの
でしょうか。


ありがとうございました。



完。

H(水素) , NH3(アンモニア)は革命。

f:id:opop7976:20210620014349p:plain

2050年までには環境庁はカーボン“0”
を旗印に掲げて、温室効果ガスの排出を

ゼロにする脱炭素社会の現実を目指すと
いう壮大な目標を掲げました。

今燃料となる材料もテーマに沿って
世界中で研究が進んでいます。

日本も世界共通の決め事に向かって
燃料の研究が進められています。

石炭、石油、バイオマス、電気、
水力 、原子力などというように、
発電についての研究は、ほとんど
出つくしています。

この燃料は
時代とともに収取選択されて、また
淘汰されながら、使われていきました。

そして、今までの発電は経済発展
が国の第一の目標であり、

そして安価な材料か国の経済
を支えて右肩上がりに
発展してきました。

だが
経済を右肩上がりにしながら、温室効果
のガスを“0”とするのは、なかなか
大変なことでしょう

膨大な電力を必要とする時代になり
これに比例するようになった炭素は
いろんなところで影を落としは
じめました。

北極海の流氷の永久凍土の溶解、
四季における気候の激変、
オゾンホール、夏最高気温の上昇、
海水温も変化、海産物の不漁
などとあります。

炭素を取り除く発電は2050年まで
には、実現してほしいものです。

その候補に挙がっているのは、水素
その次に、アンモニアですね。水素は
もう実用化されて脱炭素にふさわしい
原料です。

トヨタ自動車がその性能を
確かめています。

opop7976.hatenablog.com


あくまでわたしの想像ですが、
2030年あたりには、水素自動車が
十分な台数が見られることでしょう。

さてアンモニアは水素に劣らない
ほどの力を秘めていています。
アンモニアの原子記号 
NH3 
で炭素はありません。その効用は

東北大学では教授の小林英明さんと
研究員は2014年に
アンモニアを直接燃やすことを
世界で初めて、成功しています。

メタンに20%のアンモニア
混合燃料を大型ガスタービン
燃やして2MWの熱量を
取り出しています。

それからのちには石炭と、
さらに2015年には100%
アンモニアで発電に成功
しています。

そしてこのタービン技術を
天然ガスタービンまで高めて
行けば、脱炭素は遠くない
時期に実現しそうです。


アンモニアの原料の合成も
東京大学」工学院工学系研究科
西林仁昭教授らの研究グループ
は常温常圧の温和な反応条件下で
窒素ガスと水とでアンモニア
反応合成に成功しました。

この方法は、かなりの軽量な労力で
発現させる方法で、今のハーバー・
ホッシュ法よりも注目されていて
期待もされています。




ありがとうございました。


完。

車の水素燃料の今

f:id:opop7976:20210619013856p:plain

最近の世界のエネルギーの研究の方向は
地球の脱炭素社会を目指しての研究が
さかんに行われています。

我が国も、脱炭素に向けた研究が
加速しています。その中で、化石を動力
とした社会から今脱却しようとしています。

一方で車社会の日本では炭素燃料のガソリン、
軽油は社会の隅々までいきわたっています。

その中で効率的に燃料を稼働できる
ハイブリット車を1997年三月トヨタ
世に出しました。

ハイブリットは日本で発明された技術であり
あまり外国では、利用されていません。
国の事情による結果でしょうか。

そして今、世界は電気自動車に移って
きていますが、これも脱炭素社会では
さらに、次の燃料の研究が進んでいます。

それが水素を車の動力のメインとして
本格活用に向けて研究が行われています。

すでにその試乗車が登場して、トヨタ
レーシングカーによる耐久レースに出場、

2021年5月22日15時~翌日15時の24
時間まったくトラブルもなく時間を
走り抜いています。

2050年には環境庁カーボンニュートラル
と掲げて、温室効果ガスの排出をゼロにする
脱炭素社会の現実を目指すという壮大な
目標を掲げました。

政府の後押しもあり脱炭素化の道にも大きく
舵を切りました。

2050年には脱炭素社会に向けて本格化活用に
向けてその供給を確保しるべしと、2030年まで
には水素ステーションを、今ある160基地から
1000基地に増やす計画があります。

基本的には、今あるガソリンエンジン
そのまま利用できて、ガソリンエンジン
ノウハウも失われず、技術者の確保からも
新しい技術を加えるだけで、水素エンジン
への変換の道は明るいといえるでしょう。

供給面では、プロパンガスの大手岩谷産業
は液体水素を取り扱うということです。
さらには、川崎重工業は300メートルの
大型船で水液体の配給網を構築するらしい。

関西万博(2025年)の開催時には、世界中の
内燃機関の新技術がみられるかもしれません。


ありがとうございました。

完。

コロナでの歌会の中断、今日で1年目になった。

今日はちょうど歌の会をコロナのために
中止してから1年の日が過ぎた区切りの
日になりました。

私たち小父さん、叔母さん達のグツープは、
この日が待ち遠しくて、いろんな駄菓子、
を持ち寄りながら、歌のレッスンを
したものです。

週1回の会は、意気洋々として、みな楽しい
ものでありました。

そして昨年の今日、水曜日には、公民館使用は
どうしても中止するように勧告が出て、
中止すことに決定しました。

はじめのころは、何とかマスクをかけてでも
歌いたいから3蜜を守りますから公民館を
開けてほしい、3人ほどだけならいいだろう、などと

私の家に電話をしてきて20分ほどねばられました。
私も、私も当事者で気持ちがわかるので情に流されまいと
意見をを聞き流し、このご時世だから、いつになるか
わからないが、ワクチンがいきわたった暁には早速
再開になるだろう、説得したあの頃が今は懐かしい。

久しぶりに、2~3分の立ち話では
あれだけ、勇んで我勝ちに歌ったのに、歌う気持ちが
おきない。と●●さんがいっていた、と話し笑いあい
俺も同じ心境に近いよ、
歌を忘れたカナリヤだね と笑いながら別れました。

家に帰って、私も久しぶりに福田こうへいさんの
“南部蝉しぐれ“を聞きました。

この歌は、仲間のdvdを視聴したおかげで、
知りました。それ以来一目で傾倒

透き通る、伸びのある高音の音色と こぶし に
引き込まれました。

故郷への望郷、歌手自身生き方、
を指しているような 歌詞。

この歌は人それぞれの生き方はあるが
落日の太陽を通して人生もこうありたい
と比喩しているようです。、

www.youtube.com



ありがとうございました。



完。

代替プラの石灰石。

このごろ、盛んに地球を浄化する動きが、
世界中の国で始まっています。

f:id:opop7976:20210617020941p:plain


f:id:opop7976:20210617020941p:plain

人類は、産業革命以来その目覚ましい
工業化で地球に大きな負の遺産を残し
つつあります。

蒸気機関の発明、石炭の利用、鉄の量産方法
の確立、自動織機の発明、コンピューター
の発明また、科学の進歩は原子力にも人類の
生活力を負担させて、人類の生活様式を替え、
自然気候の変動にCO2の増加、オゾンホール
などの大きさ一変させました。

気温の上昇から見えてくる温暖化などの現象は
地球に対して様々な負の遺産を増幅させました。

河川の氾濫、異常気象、米作米の異常、水産物
減収、原子力発電のごみ、そして、

一番恐れている病原仲介昆虫の北上化
など、蓄積された負の遺産を浄化できるか否かは、
将来にわたり人類の生存を左右することになります。

一番大きな課題として
一酸化炭素を2050年までには、日本としては
55±15%(40~70%)減らすという話は、実行
できるかどうかは、わかりませんが、平成27年
環境省IPCC第5次評価報告書統合報告書で
発表されました。
これは日本人社会の目標でしょう。

また
身近な目標でプラスチックの制限が最近は特に
国を通して意識される様になりました。

代替品もリサイクルはもちろん、トウモロコシ
ジャガイモ、寒天などかよく知られていますが

今この業界で「石灰石(CaCO3)」をご存じと
思いますが、今この新素材を用いて、
代替プラスチックに加工する技術が
できていて、最もホットな技術です。

尾もリサイクルや代替プラスチック
だけでなく、紙にも使われる代物です。

水、木材の使用料を大幅に削減して
生活にかかわるつながりを根本から
変えてしまう可能性をを占めています。

商品としてはLIMEX(TBM社)と
言われるもので、世界中に存在する
石灰石が主成分です。日本は、
鉱物資源としては100%調達できる
ことも力強いですね。

この主成分は自動車燃料の代替品
アンモニアに似た力をひめている
と思われます。


おやすみなさい。



完。

昨年不出来のみかん、今年いかに

心配しながらにも蜜柑の結実が
確実となりそうです。

f:id:opop7976:20210616003812p:plain


4月に追い肥を与え約2か月がたちました。
それ以後、花をつけていた蜜柑はようやく
しっかりと結実のほうに向かって進んで
いるようです。

昨年は、この結実したての時にはほとんどの実が
落ちてしましました。
呆然とするもその対策がわからず、
そのまま年を過ごし事になりました。

この木はもう20年になりますが、こんなことは
ありませんでした。

毎年鈴なりとなる蜜柑の収穫があるのが普通であった
事を考えると、見の地のない年の気持ちは本当に
淋しいものでした。

一説によると、過大に肥料をやりすぎると、
新梢や根、の成長が先に優勢になり、実のほうが
遅れる結果となるらしいです。
遅れても、結実は進むということでしょうか。

でもこれが事実ならば、私の木からの収穫が
2~5個というのは、ほとんど実が付かない
事と同じです。
その他の理由があったのでしょう。疑問が残ります。

本当のことを言えば、今年も昨年の
轍を踏むのではないかと気がかりでした。

成育中のみかんの数を見ていると、写真程度の
大きさの粒が木に成っているのを見届けると
今年は大丈夫だと思いたいです。


みかんを英語に訳すと、「オレンジ」ですね。
外国で、「オレンジくだい」と言えば、ミカンでなく
オレンジが出ます。

では一般的な蜜柑を指すときは
「マンダリン オレンジ」となるようです。

また温洲みかんは「さつま」と言うそうですね。
かって薩摩と英国が戦争した時代に、
薩摩から英国に蜜柑が輸出されたから
だったといわれています。

では温洲みかんは全国的に広がったのは
明治以後ですが、そのルーツは、鹿児島県
出水郡長島町で300年以上前に古木が
見つかっていることを考慮すれば、
ルーツだったのでしょう。

このみかんが「たねなし」だったことから
人気がなく広まらなかったの説つもあります。



ありがとうございました。
おやすみなさい



完。