宇奈月ブログ

人生の旅人

遅植えの苗に、またなすび誕生。

また、2個の普通の大きさに成長
しました。

f:id:opop7976:20200810222333j:plain



f:id:opop7976:20200810222607j:plain


作る甲斐があったと、ほっとしました。

植える季節を外したので今年は、
並みの物は無理と思っていましたから。

opop7976.hatenablog.com

野菜の生命力は、条件が悪くても、
その時の生命力で最大の結果を出す
力があるのだろうと、

想像すると、私は毎日このように過ごして
いるのかと、一瞬考えさせられました。

収穫したら、今度は何と料理で使おうか
と考えると、一段と楽しく、頭の体操に
なります。

焼きなす、 天ぷら、ひき肉のハサミ揚げ、
なすと豚肉のショウガ焼き  等。

考えると、楽しい。 おなかが
空いてきました。

時計を見ると、まだ明るい5時。
今回は 夕餉には、

具だくさんの更(さら)うどん と


少しのご飯と小鉢で、
私の好物の献立を作りました。

f:id:opop7976:20200810223433j:plain
(夕餉の更うどん)


有難うございました。




完 200811

元株の脇芽から地植えしたトマト無残。

前回、トマトの脇芽のじか植えのブログを
書きました。

opop7976.hatenablog.com


地下植えをしたいと考えて、5cm程度に
なったトマト脇芽を切り取り、鉢植え
してそれから成長して、15cmになった
段階でじか植えをしました。


f:id:opop7976:20200809232546j:plain


それからしかし20cm程度になりましたが、
トマトの発育が今一つ、成長が
遅れています。

さらに、鳥に若葉を突かれ見るも無残
になりました。

f:id:opop7976:20200809231957j:plain

トマトの敵は、風と害虫だけと思って
いましたが、鳥の食害が加わるとは予想
もしませんでした。

若い葉っぱを狙われたのかもしれません。

早く植えた赤、黄 のトマトは
被害がありません。

鳥対策に目の細かい網をかぶせる方法や
それ以外にも、対策を考る必要になりました。

例えば、廃棄するCDを糸でつるして、
キラキラ光で近寄らせないように支え梁に
吊るすなどもよいかもしれません。


よく考えると、鳥対策も必要ですね。

幸い、若葉が少々残っているので
希望はあると思います。

気長に見守っていくしかないですね。

有難うございました。


遅植え6月のなすび、生れました。

6月7日半ばに、トマトの苗と合わせて
コウナンで買った なすび は
すぐに、畑に植えました。

6月7日植え付け
f:id:opop7976:20200808223529j:plain

肥料は、幹を中心に半径10㎝程のドーナツ
状に一握りの肥料を与え、水をたっぷり
与えました。

雨の日が続いたので、水やりは
不必要でした。

天気の日は、朝ち日暮れの 2回水やりを
行いました。

そして
7月20日小さな実りました
f:id:opop7976:20200808223859j:plain

8月4日収穫時期を迎えました

f:id:opop7976:20200808224253j:plain

f:id:opop7976:20200808224436j:plain


8月2日収穫
f:id:opop7976:20200808224745j:plain

そして、夕餉の献立に野江いました。


心配したこと。

① 植え付け時期が6月初めで
遅れていて、数が少なく、小粒わる。

②場所がないので、トマトと混合植え
しかできない。

これも大きく実ってくれて、安心しました。

●(追記)●

食材なすびの献立

なすび と ホタテの煮物にして
頂きました。
(写真撮り忘れて残念)

有難うございました。


今年も純白の木槿(むくげ)が咲きうれしい。

f:id:opop7976:20200807220318j:plain

今年も、木槿(むくげ)の花が
咲いています。楚々として美しい花で、
家の花の一つです。

可愛い白い花。
清楚な花。
強い花。

次々挑戦する花。―長い間つぎつぎと
開花を楽しめる。

f:id:opop7976:20200807220642j:plain

opop7976.hatenablog.com


木槿の中でも、色とりどりありますが、

白の花弁の中心の底が赤い木槿は、
著名な茶人が好んだことから
「宗旦木槿」と呼ばれています。
(ウェキペディアよりまとめ)

私の庭で咲く数少ない「地植え」の花です。
また長い年月、多くの地植えの花を
植え育てました。

唯一長生きしている花です。

柊(ひいらぎ)と裏鬼門に当たる方向(西南)
に植えましたが、木槿だけが生き残りました。

生命力が、強い花で

家の新築当時からの、塀の近くに植えて
その花を楽しましてくれています。

かれこれ30年は過ぎて、なお いつも
変わりない花を咲かしてくれています。

私とともに家を守り続ける護神木
のような木です。

よく見ると、芙蓉の花ととても似ていて、
私でも違いを断定できません。ただ葉の
違いから判断してみました。

この花も 1昨年 秋の台風に会い主木が 
折れて今年の初め地面から約1尺(30cm)
で切断、かろうじて従木がのこりました。
今年だめであろうかと思ったが、
よく立ち治り愛らしい、
清楚な花を付けました。

f:id:opop7976:20200807220750j:plain

うちの花は、
朝花が開き始めて日中咲き続けて、
夕方にしぼむ短いサイクルなのですね。

朝顔、   なすび  の花も一緒ですね。

f:id:opop7976:20200807221156j:plain
]

種類により違いますが、うちの花は
朝、咲き始めて、ゆう方花がしぼむ種類みたいデス。

から先始め、
夕方は お休みが似合う花ですね。





ありがとうございます。


しばらくぶりのデリバー:うなぎ丼。

久しぶりに、デリバリーの弁当を
持ち帰りました。

8月3日のことです。

結構、朝から熱く、昼の食事を
作るのも気が入りません。

野菜がウナギもぼりに高くなり、外食も
買い出しも大した変わらないなら
いっそう外食と考えました。

それでも、用心してデリバーでの注文
となりました。

注文先は決まって

「和食の さと」そして

ねらいは

さとが自慢している、


ウナギ丼


f:id:opop7976:20200806222604j:plain
結構人がいました

f:id:opop7976:20200806223216j:plain
車に

f:id:opop7976:20200806223439j:plain
(弁当開く)下段はウナギ丼、上段:
チキン弁当

f:id:opop7976:20200806223539j:plain
左端:うな丼  右端 チキン南蛮


ウナ丼 ---- @378x 2個
チキン南蛮弁当ーー@430x 2個

かなりリーズナブル



ウナギ丼:やわらかい!!。かんだら
2嚙みで 身がほどける感じ~。


丼のタレ が また年寄り向き。

濃からず、薄からず、甘すぎない。
それでいて、

ウナギかば焼き の匂いはしっかりあり、
生臭さが、まるで感じない。

口の中で山椒とウナギが絡み合う刺激が
またたまらない。

夫婦には、至福の時間でした。

          • -


そして、やがて夕暮れーーーー。

夕餉のおかずには、鯵のあんかけとその他でした。

f:id:opop7976:20200806224504j:plain

魚ずくしの一日でした。

ありがとうございます。

こうへい(福田)さん、釣りを楽しむ。

f:id:opop7976:20200805232517j:plain

歌の会が中止になってもう
半年になります。

皆どうしているやら、
歌えないので

元気ないのじゃないかと
自分を含めて生きがいが半減しています。

私は、なまくらでいろんな趣味が
あるので、そんなにへこみませんが
歌一筋の人は落ち込みが大きいでしょう。

歌仲間の顔も、スカイプなどで
会話する友の名前はすぐに思い出せる
のに、

そうでない仲間の名前を言われても姿は
今はぼーとした輪郭だけになります。

時間の経過とともに
記憶の確かさが退化していく今日この頃
です。

さて、今日はこうへいさんが、海釣り
をしている映像をみました。

本当に楽しそうですね。
楽しそうな、高笑い。

元気をもらえます。
魚の大小にかかわらず、その

「釣る」という楽しみに
すっかり浸っていますね。

こんな、彼が、大舞台で、
しゃきっとして歌う
福田こうへいさんとはとても
思えません。


タイトル「海釣り 福田浩平」yutube
https://www.youtube.com/watch?v=3JssmmwT2b0


フアンにも気さくに、心を開くやさしさ
がうれしいですね。
opop7976.hatenablog.com





三陸の海。
この透明度こ
は、きれいの一言、
言葉はいりませんね。

最高の「海の歌」載せます。良ければどうぞ。


www.youtube.com



ありがとうございます。


蝉のふ化なぜ場所がかわった。

f:id:opop7976:20200805011243j:plain

ようやく、日中がてんきの日が続きます。
最近、庭にゼミの抜け殻が、目立つようになり
それと近くに2cmぐらいの穴がちらほら
散見されます

f:id:opop7976:20200805012242j:plain

なんの変哲のない何処にでもある風景ですが

うちの場合、なぜか今年は違った場所でふ化
するようになりました。

f:id:opop7976:20200805010255j:plain

去年までの場所には、ふ化して出た穴が10個
前後ありました。

しかし今年は、ほとんどありませんでした。

環境を変えたわけでもなく、荷をを舗装したり
砂利敷きしたわけではありません。

紅葉の枝切、棒樫の手入れを行った関係で、その
為に蝉のふ化する場所が、大きく変わった
のでしょうか。

f:id:opop7976:20200805010348j:plain

蝉が、子孫を残すには適さないと悟った場所で
しょうか。

やはり、蝉に聞くしかありません(苦笑)

f:id:opop7976:20200805011035j:plain


蝉の十数年の営みのふ化は棒樫の付近が
多かったのに、今年は、大きく変わって、
ミカンの木にふ化する蝉の抜け殻を多く
発見しました。

夏の季節の便りを運ぶ蝉
絶えてしまわないことを祈るばかり。

どうか、夏をおうがしてほしい。

f:id:opop7976:20200805010805j:plain


来年は、また変わるのか、答えが知り
たいものです。


ありがとうございます。