宇奈月ブログ

人生の旅人

自然現象

月を見て一日を感じる

朝からかなり多い浮雲群が空を 覆っていた。東の連山の頂上は、今は何も見えない。晴れていれば、必ず小さいながらも、 くっきりと、電波塔や施設が見える。自分は感じないのに、上空は強風で 昼を待たずにその浮雲群は早やかに 動き出して東側の連山から西…

4年ぶりに我が家にも雪

今朝も思いっきり寒かった。中国から冷やされた寒気団が幾重にも 中国の上空に停滞していると気象番組で 紹介していた。この話は昨日から予報で報じられていて 、しだいに時間とともに南下して、 寒気団が日本列島の上空を覆うという。さらに風と相いまって …

山茶花は散りゆく命が刹那的に変化してーーー。

私の玄関の正面には、山茶花が 咲いています。今の季節には、季節を感ずる花として、 育ててきました。玄関を開ける度に、目についている はずなのに、今日に限って ちがっていた。夜も更けて、ふと気が付けば、 この花は、大方が散り始めて土に 帰ろうとし…

コロナと運と。

朝、友人Aから電話があった。かなり急いでいたんで、普通の連絡では ないとおもった。今、電話いいかなと 話を切り出した。内容は、年末にコロナに罹ったので、今年の予定の飲み会は 欠席します。予定の2次会にも出られないので、 会合は欠席さしてもらう。…

「まあいいか」の呪文に縛られている。

最近は、食事の支度に手抜きが多い ように思う。躰の調子と相談していて、 体調も少しずつ良く 成っているが、やる気が起こらない。と言はいえ他の遊び事、 例えば、カラオケなどと仲間同士で 会を催す時には、ハイハイと 出かけたりする。そして、楽しんだ…

今年の熱波対策仕舞い。

今年の夏の暑さに関する関心は、 例年になく関心がつよかった。いくつかの県では過ってないほどの 熱波で、例年の気温をはるかに超えて、 熱被害を被った。気象庁予想のを聴くたびに日々の 過ごしやすさが壊れていることを 憂いた。日の落ちて一日の疲れを癒…

作業後の冷麵 食べる。

この3日程まえからは季節に ふさわしい晩秋の気温でしたが、 今日は夏らしき気温に逆戻り しました。朝から庭の木の冬に向かっての 葉や枝落としを行いました。そうしているうちに配達に荷物が 届きました。有るスーパーでくじを引いた時の 商品が来たようで…

遊歩道と自分

遊歩道は私には三つの 楽しみ方がある。 ******一つは、 私も含めて 四季折々の辺の草花を愛でる こと、 小川に集う昆虫の動きや、 小鳥の囀りを聴いたり時に 訪れる楽しみの時。 ******二つ目は、結論を出さないと いけないが 自分で決め兼ねる…

レモンパンチの効いたサッポ中華と、庭に出来た虹。

朝から夏日、食欲がなくなって、 朝食は和食を受け付けない。 しかたなしに軽い洋食を採る。だらだと自室の整理などで だらだらと過ごす。和食を今日は諦め、市売品の 冷やしサッポロ中華に決める。先日スーパーで、中華を 探していたらこのサッポロ中華 を…

野鳥(雀)が庭に返ってきた。

暫くぶりにーーーー、 何年ぶりでしょうか。 わが庭を避けて 寄り付かなかった雀が 朝晩には飛来する様になりました。 再び、私の庭が遊びのために 使えるか、子育てに利用できるかで 安全だと直感の末に、昔訪れていたこの 遊び場の古巣に帰ってきたようで …

夏日の気温の高温化は温暖化によるものか。

猛暑が続いています。 30度を超える都市が続出しました。昨日は、前橋市では6月の観測史上 最高の気温が記録されました。 驚く勿れ 40、2度!!余談ですが、 この温度、少しぬるめはありますが しっかり体のことを考えた場合の風呂の 最適温度と言われていま…

早春賦が近い公園

3年前のこの時期を思い出すと 最近は外出する機会がめっきり少なくなった。 出かける理由は、買い出しに行く要素が あるついでに、どこどこに行こうか と言う思いになる。特にオミクロンが感染力が強いときいているので 無意識にそう行動しているのかもしれ…

三日月に願いを。

一月五日の夜は、雲はなく外気は 限界まで下がり、暗闇の中で三日月は 冴えわたていた。その姿は「月の眉(まゆ)」にふさわしく、 弓の形が神々しいまでに美しい。新月から始まるこの三ケ月は上弦の月。親しい人が偶然にこの月を見ているなら 何か伝えてほし…

今年も産土神社参拝で新年を迎る。

あと2021年の幕が下りる時がやってきました。 この瞬間は、二度と通ることはありません。今年の幕が下りる瞬間に2022年が始まります。 今日は、非常に寒く、風の強さは弱いのですが 気温が風に乗り体を冷やし 寒さが五感を揺さぶります。これから1,2月に入…

買い物と街路樹

朝から気温が10度以下になり寒い一日となり. 冬物の衣服の出し忘れていた上着を 再度追加でだしました。家の改築に伴い、業者の職人に 渡す飲み物で、 缶コーヒーを買い出しに行きました。一時期から見れば、街の街路樹の青さが 目立たなくなり銀杏の色濃に …

26歳で逝ったシンガー

尾崎豊。 この名前を知らない音楽フアンは いないのではないだろうか。彼は、1996年11月29日の 今日、生まれてのである。 「17歳の地図」で音楽でデビューを はたした彼は、数々の特徴ある言葉を操り 「I Love You」、「回帰線」、「僕が僕であるために」 な…

麻雀ゲーム をやって見た。

十何年ぶりにパソコンでマージャンを やりました。 業務用ソフトを探しているとき、 デザインを探していたら麻雀ゲームの コーナーに迷い込んでしまいました。 昔は、社会人になり下手なりに 仲間同士で、卓を囲んで 夜遅くまでゲームをしました。昔は、娯楽…

ミカン、満足の収穫でした。

ミカンの収穫が来ました。opop7976.hatenablog.com 10月終わりごろの状態今年の春、みかんの花が咲いて盛りを 迎えるころに何処からともなく 毎日クマンバチ、西洋ミツバチ が、2~3匹は多くはないが、ミカンの 花に立ち寄っていました。5月中頃だったかと思…

JR吉祥寺道路陥没工事現場の土留め(ある案)。

昨年から今年にかけて、道路の陥没が、起きてる。 テレ朝ニュース11月2日には、JR吉祥寺駅からほど遠くない付近で 道路が突然陥没したニュースは、報道で大きく報道されて 皆の注目を引く事件になった。長さ10m、幅4m 深さ2~5mというから相当大きな陥没と…

10月は台風シーズン

bing.com image 毎年の感覚ですが、実りの秋と 言われています。一方では「台風のシーズン」とも 言われています。すでに、つい最近も関東の房総半島に 接近しながら、上陸しないで西のほうで 温帯低気圧になりました。少しでも上陸していたら、台風の勢力が…

数代前の落ちた種から紅葉が。

梅雨と間違えそうな今日この頃、庭畑のミニトマトもこの雨で、水の摂りすぎで実割れが、起こりました。りゅうの髭、ミズゴケがこの雨の恩恵(?)で、茂って大きくなっています。畑とあまり区別のない庭では、こうして他の植物たちんも同生しています。その…

稲の生育の日照大丈夫?

8月になり、梅雨の時期はすでに 過ぎているのにも拘わらず、梅雨と同じように、それ以上の雨が 断続的に降り続いています。そして日本中の河川を氾濫の危険や 山林、がけの土砂崩れを誘発して 地域の市民の生活を苦しめています。九州地方、中国地方西部では…

安心と期待の樹木。

久しぶりにミカンに追加肥料をやりました。 6月14日ごろの様子ーー幾分小さい 春先増肥を施してから4か月がたちました。そのままほったらかしにしていたわけです。 3月に肥料を与えてから、ようやく昨日増肥を しました。網戸にとまった蝉も 増肥を 応援して…

38度8分コロナワクチン接種その後-2

7日、朝としては久々の気持ちのいい 朝になりました。昨晩の就寝から7時までの間、一回も 起きなかつた。早速 検温、予想していた通り36度4分体温 酸素濃度 ―いつも見慣れた数字の列です。 ほっとした瞬間でした。途端に腹がすいてきて、食事をを取りました…

38度7分コロナワクチン接種その後-1

コロナワクチン接種後7月6日に入つた。 朝覚める。薄暗い日の中で不意に目覚める。 いつ眠ったのだろうか。昨日は、38度8分で 何もかもそのままに。 自分に歯がゆい。 opop7976.hatenablog.com ふと目覚めた。汗ばんでいる自分に気が付く。ぼんやり、何もし…

畑で野菜作りしてたら、虹ができました。

朝うっそうとした 畑の野菜 小松菜を 間引きの作業を行いました。小松菜の束は(映像の右)の互いに絡み合い 葉が絡まっていて、一組ごとに分けた。 茎が折れてしまうので分けるのに苦労しました。間引きした小松菜は、10cm程度の間隔に 植えなおし左半分は…

木造住宅と津波の話

10年前の東日本大震災において、ほとんどの住宅は 流されていきました。ま津波ずが押し寄せたとき、木造は流れ込んできた 水に沈みました。そしてしばらくすると流されていきました。 考えれば大抵のものは浮きました。 自動車もしかりでした。理科的(物理…

10年前:3月11日の東日大震災と我が日記

2011年3月11日。東日本大震災。 わたし目には飛び込んできたのは、各報道機関より飛び込んできた 歴史残る大惨事でありましたその映像を見るたき、体が冷たくなったのが、 仕事の作業日誌に走り書きで残っていました。そこには「東北で地震か、津波も、規模…

福田こうへいさんと運と偶然

東日大震災の特番として、3月11日に BSテレで放送される「歌のエール」に福田正平さんが 出演します。収録が、山口智充さんの司会で 3月2日行われました。その中で、彼がまだ生まれ故郷の 岩手、雫石でサラリーマン(呉服営業) の時代の話をしていました。…

信号待ちで、ふと撮った晩冬のある風景。

題: 信号待ちで、ふと撮った晩冬の風景。ふと街角に出た、信号待ちに自然が目に写った。 皆、人達は、師走を乗り切ろうと急いでいたように見えた。 自然は、時をわすれたようだに見えた。 だが違っていた、 路傍の草木は、黄色のマントを脱ぎながら、 来年…