宇奈月ブログ

人生の旅人

生活

福田こうへいさん、「名月赤城山」をうたう

ついに初春の扉が開き始めた。 やっと3月になった気がした。二月堂のお水取りの行事は始まったばかり。 14日の行事が終わるころ、やっと 本格的な春が訪れる。そして、色々な花がいたろところに 咲き乱れて百花繚乱の感の楽しみが増える。わたしは夜、家路に…

かんべんナ を歌う福田こうへいさん

最近救急車の音が頻繁に聞こえます。気温の高低が激しいからと、勝手に 想像してしまいます。1昨年を思い出します。 春先に、近所の人が、たて続けに二人 なくなりました。同年代ですが、ふだんの近所付き合いでは、 亡くなる兆候などまるで感じない おふた…

ダウンタウンと福田こうへいさん

昨日の雨と違い、晴れている 気配を感じて、 窓のカーテンを開ける。青い晴れ間が少しばかり 雲間から覗いている。 7時の少しの間 寝間着姿で、 その青空を目で追った。雲を見ていると、その形が何かに似ていると 興味が沸いてくる 次はどう変化するのかな。…

福田こうへいさんと「南部蝉しぐれ」

朝の目覚めが悪い時く気が晴れない日は、 だいたい雨の日になっているときが多い。カーテンを締切った隙間の重なりのほどけた 隙間から、まるで夕方と 見たがう弱々しい明かりが差し込んでくる。目覚まし音を切って布団の中でくすぶり 続けること十数分。無…

今年の畑開きーその2

opop7976.hatenablog.com 今日もいい天気。(25日の出来事)22日に新小松菜を植えて「今年の畑開き」を 終わり、発芽を待つだけになっていました。今日(25日)畑を見て、予想通りに 発芽が順調に進むと予想していました。しかしそうではなかったのです。う…

東大寺行事と歌:古城を歌う福田こうへいさん

2月も後4日ばかりとなりました。多くの木々の芽、花の芽の息吹く日々は もうすぐそこにあります。又多くの寺社の行事が円国で行われます。春の扉を開く、奈良の東大寺の「修二会 (しゅにえ)」は国民に代わって 「練行衆(れんぎょしゅう=僧侶たち」が 国…

2億回視聴:恋するフォーチュンクッキー

挿原梨乃さん やりましたね。 暗い世相のなか、久々のビッグニュース。新聞で、彼女がAKB48でセンターを務めていた 時のAKB曲 「恋するホーチュンクッキー」 が、2億回の視聴を得たとニュースを聞いて びっくりしました。2億回というのは、あまりぴんとこな…

柴咲コウさん「月のしずく」歌う。

私は、冬の月は一番美しいと思っています。 冬の月には、寒さが付いています。言葉でも 冴えわたるーー月 煌々としたーー月 が気に入っています。この形容は月だけに効果があり 太陽には似合わない。 暦では、すでに大寒は過ぎさって、 温度が、万物を春の世…

越後平野を歌う福田こうへいさん。

今日は2月10日。昨日は、 コペルニクスの誕生日 でした。地動説から、天動説を唱えて 現在の天文学の礎を築いた人。さて、今日はこうへいさんの 越後平野を視聴。 ◉〽 越後平野 ◉〽 歌手:福田こうへい 歌詞 :万城たかし 作曲 :岡千秋 拒否されているため…

アメリカ映画「慕情」の主題歌を聴く

今夜はアメリカ映画主題歌 「慕情」を聴きます。慕情―――。 1955年公開された映画、第28回 アカデミー賞受賞作品主演はウイリアムホールディン、 ジェニファージョーンズ簡単に説明すると朝鮮戦争を舞台に、 ある妻子ある男性(特派員)と女医に扮する ジェニ…

返り船(田畑義夫さん)を福田こうへいさん歌う。

いまにも落ちてきそうなどんよりと垂れた雲。人もちらほらの疎らな家の通り数日毎に来る灯油売りの配給車のかすれた 拡声器の声。風ににあおられ舞い落ちる小さな綿状の雪ざわめいて揺れる立木今日は、一瞬で すごく寒い日だ気付きました。雰囲気の似合う歌…

南部酒 福田こうへいさん歌う。

良い歌は飽きません。 離れても、歌が自分を引き付ける。 魅力のある歌手は、いつ聞いても すんなりと心に届く、 花の様に心をゆたかにかえる。 私の聴きたい思いは、まわりまわって こうへい節に帰ってきた。 歌を聴きたい。 ●〽 南部酒 ●〽 歌手:福田こう…

高橋さんへの感謝・

イラストレインから 私たち夫婦には「高橋」という姓には、忘れられない 思い出があります。久しぶりに高橋真理子さんで思い出しました。丁度、初めての子供を授かったころのことです。 3か月の育児休暇を得て、職場復帰の期日になった時、 はた、と困りまし…

高橋真理子ーあなたの空を飛びたい

昨日から、ある高校生の卒業していく生徒たちに、 何かの言葉を伝えたいので、なにかを書いてくれないか と言う話から私に貧乏くじが回ってきた。 悪文しか書けないのだから、 ましてや高校の多感なのどもたちに伝える力ない、 と何度もお断りしたのだが、ダ…

掃除機トラブルで原始的に掃除

緊急事態発生。家内がら、悲鳴に近い高い声で、 壊れた、早く来て。 と呼ばれた。 すぐにすっ飛んでいく。 他の部屋で、怪訝な顔の家内を見た。掃除機を見ながら、掃除機を手に持った家内が 固まっていた。どうもトラブルがあり使え無いようになった。 全然…

よろしく哀愁(郷ひとみ)を福田こうへいさん熱唱。

福田こうへいさんのJ-Popはいかが と視聴しました。 ~● よろしく哀愁 ●~歌手:郷ひとみ 福田こうへい(カバー) 作詞:安いかずみ 作曲:筒美京平もっと素直に僕を愛を 信じてほしい 一緒に住みたいよ できるならばだれが君にやきもち そして疑うなんて 君…

「北空港」を歌う福田こうへいさん&市川由紀乃さん

息が凍るとは、北国とは段違いかもしれないが このことをいうのでしょうか。日中の気温 11℃、朝の8℃より高いが、体感的には 同じに感じます。 厚ての上着を一枚余分にはおる。朝ごはんは、いつものパン食から固めの熱い粥を食べる。 和食のメニューとなった…

昔の歌:「RainyBlue徳永英明」を聴く

ふと思った。2月 生まれの歌手いたかな。忘れてる歌手きっといたはずと。――だったかなと。きっと夢中で聞いた歌があっただろうと。そのぎもんを調べた。あった。(参照:ウェキペディア)1961年2月27日生まれ、60歳 徳永英明 壊れかけのラジオ。Reiny Blue。…

冬の歌:かあさん夜なべしてーー「かあさんの歌」。

今日も2月としたら気温の高い日でした。 晴れていて、雨でなくてほっとします。 しかし、朝方はやはり冷たさがあり、指先の感覚が 少しだけジンジンします。何処からか、たぶん布団の日干しの 音かもしれないがパンパンと 断続的に聞こえきます。その音は澄…

冬景色と森麻季さん

気温は、冬になったり春を 作りはじめたりと揺れながら 春に向けて、確実に 上がっていっています。梅の蕾も膨らみ始めるころの今、 冬の花の山茶花は、静かに 終わりを迎えようとしています。香りの強い、山茶花は花の少ない冬には 無くてはならない花です…

フェイク古文書と当地域

例えば、 ある町に古くから大きないかにも歴史的に見て 価値のありそうな祠(ほこら)があり、 その祠には有る由緒ある神社が関係している。と言い伝えがあり、 古い時代からが毎年春秋には、地域を挙げて盛大な お祭りをしていた。町のPRに利用されて、 寄…

春と歌「早春賦」

2月四日、立春を超えて季節は とうとう春の扉を開き始めました。二月に執り行われる仏事を 終わらせながら、季節の暦をめくり 本格的な春に近づいていきます。そして2月十五日は、 あの甘茶で有名なお釈迦様が お隠れになった日ですね。この弔い日の涅槃会(…

新型ウイルス接触感知ソフトとアンドロイドと私。

アプリにバグがあり、機能していなかったと、 田村康生大臣が、謝罪していました。アンドロイドのシステムを 使用している携帯電話で、新型コロナウイルスに感染した者 と感染者と関わった 人を電波の紐でつないで 知らせてくれる システムがあります。それ…

リンゴ追分と福田こうへいさん

福田風が強い日だった。 春一番には、早いし、と言って 外出の予定もない。リンゴ追分を視聴しました。 ~● リンゴ追分 ●~ 歌手:美空ひばり 福田こうへい(カバー) 作詞:小沢不二夫 作曲:米山正夫 〽♪リンゴのはなびらが 風に散ったよな 月夜に月夜に …

歌:冬の星座と私

: 一番寒い時期がやってきました。おおむね1月から2月の中旬にかけて、 寒さが厳しくなると言われていて暦の一月よりも若干ずれているようです。2月の半ばをすぎていけば、 3月向けて気温の上昇で寒さが緩むことを 考えると暦の説はおおむね 正しいと言える…

出不精な自分と和食さと。

ひと月あまりになるかな。 ぶらりと町に出たのはーー。買い物は週2回、まとめて必要なものを かう家内に、伴している。Gゴルフ、カラオケもピタリと休んでいるから 一年近く家にいると、出不精になり外に出る 特別な用事以外には億劫になってきた。歯の治療…

ギター演奏と「月の砂漠」

一転して、ほんとに寒い日になった。朝起きができずに、 床から離れがたい。気合を入れて、一気に起きる。めくれる布団で、小さな気流の渦ができて、これがまた 頬をなぜるような気がして、身がすくむ。素早く着込む部屋着の冷たさを感じながら耳を澄ます。…

ベランダは専用部門、共有部門?

知り合いで家庭菜園を10年以上 続けている人が居ます。分譲団地住まいで、歌の練習の話で、訪れたて、 部屋やベランダを拝見しました。なかなかの話好きで、初夏ごろの写真を 見せては、かなりねつの入った話を していました。写真では、団地のベランダに…

お花ちゃん(三橋美智也)をデュエットで福田こうへいさん歌う。

今日の天気ー冬は寒いものだという 感覚を吹き飛ばした 良い天気でした。一月としては、18℃を超えたとか。車のエアコンは不要だし、アツ手の上着も 脱ぐ始末。何よりもうれしいのは、体が良く動くことです。今年のコロナ、冬では いつもの冬季節より 小さく…

具だくさん鳥鍋を食べよう。

今月の五日は小寒、20日は大寒でした。大寒を過ぎると、二月二日は節分、三日は立春と 忙しい行事があり、静かだった一月からがらりと 変わって、春を待つ人々に、活力を与えます。立春は、春の兆しが見える季節(三浦康子さん談) (https://iemone.jp/arti…