宇奈月ブログ

人生の旅人

雪の渡り鳥(三波春夫)を歌う福田こうへいさん。

久しぶりに、歌かいの友人から、電話があった。
この方は、俳句を長くやっていて、歌会のメンバーで
異色の方である。

一度読んだら、といただいた。

歯の定期的な治療のついでに持ってきてくれました。



かいせつも入っていて読み応えのある本でした。

f:id:opop7976:20201110000304p:plain

春の句、面白そう。


*****

今日もこうへい節を聴きました。

●〽 雪の渡り鳥 ●〽


歌手:三波春夫
福田こうへい(カバー)
作詞:清水みのる
作曲:陸奥

一番〽
合羽からげて 三度笠
どこを塒(ねぐら)の 渡り鳥
愚痴じゃないけど この俺にゃ
帰る瀬もない
伊豆の下田の 灯が恋し

二番〽
意地に生きるが  男だと
胸にきかせて 旅ぐらし
三月三年 今もなお
思いきれずに 
に凝る未練が 泣いている


三番〽
払い除(の)けても 降りかかる
なにを恨の 雪しぐれ
俺も鯉名の 銀平さ
抜くか長脇差(ながどす)
抜けば白刃に 血の吹雪

(終)

www.youtube.com


歌のリズムには57調、75調 が多くみられます。
この歌は、粋な、7,5調のリズムで示されています。

その調子が、初めの7語句で状態をたたみかけ
後の5句で納める。そんな様に感じます。

荒城の月」は
7,5調の代表各デスね。

こうへいさんテンポよく、リズムに乗って
歌い切りました。

彼にしてみれば、中高音域は、歌いやすかった
のでしょうか。

伸び、響き、そして小節が、いい。



この歌は浪曲師であった三波春夫さんの名曲です。


www.youtube.com



浪曲師、三波春夫さんの 躍如たる歌。
勇ましく、重厚感があり(年のせい?)、
滑らかに聞こえます。



ありがとうございました。
では
おやすみなさい。


完。