宇奈月ブログ

人生の旅人

歌:冬の星座と私

:
一番寒い時期がやってきました。

おおむね1月から2月の中旬にかけて、
寒さが厳しくなると言われていて

暦の一月よりも若干ずれているようです。

2月の半ばをすぎていけば、
3月向けて気温の上昇で寒さが緩むことを
考えると暦の説はおおむね
正しいと言えるでしょう。

さて冬は、季節柄夏空とは、また違った
趣があります。

夏に比べると、空の深さが違うように思えます。
やはり冬は厳しい寒さがあるため、冴えわたるという表現
がぴったりします。

乾燥した天空の湿度がほかの季節に比べて
低いため又チリが少ないので、
空気中の水蒸気が少なく、光の乱
具合が、他の季節よりも少ないため、
空が冴えわたると。

天空のかなたを見ることができる
たのしみがあります。

その冴えわたる冬空は、星空を観察するのには
四季を通じて、冬が最適です。

そして、冬にしか見られない壮大な星座が見られます。
その星座で有名なのは、

オリオン座のペテルギウス。
おおいぬ座シリウス
こいぬ座のフロキオン

この星座には、特別な関係があります。
これら3星座の★をつなぐと

三角形を形成していて、見つけることに興味が沸き
見つけたときは、小躍りするのは間違いありません。

7時過ぎから 天体を見上げて天の川があり
その天の川をまたぐように輝いています。

(好きな方は、探してきてはいかがでしょう
プラネタリウムでの鑑賞もgoです。)

さて、歌にも良い歌があります。
こんな歌はどうでしょう。

(参考:晴れるランド、ウェキペディア)



~● 冬の星座 ●~

歌手:土井裕子
作詞:William Shakespeare Hays.
日本語約:堀内敬三
作曲:William Shakespeare Hays.

https://www.youtube.com/watch?v=5I31jJF_UXo


(〽1)
木枯らしとだえて
さゆる空より
地上に降りしく
奇しき光よ
ものみないこえる
しじまの中に
きらめき揺れつつ
星座はめぐる

(〽2)
ほのぼの明りて
流るる銀河
オリオン舞たち
スバルはさざめく
無窮を指さす
北斗の針と
きらめき揺れつつ
星座はめぐる

聞くもよし。ハモルのも良し

気持ちが 清められるようです。
清々しい気持ちになります。

土井たか子さんの歌声も
シャープで、清らかで、
突き進んでいくのびがあり
聞いていて、気持ちが洗われる
様です。

素晴らしい。

もう一つ素晴らしいのは
この 詩の言葉、
本当に参考になります。
有難いです。


自分はまだ星座の大三角形を
見たことがありません。

孫と見れたらいいなあと思います。



ありがとうございました
おやすみなさい。

いい夢を。