宇奈月ブログ

人生の旅人

生活

巨大弁当、明太子弁当で満足。

気に入った食べ物がある時には、無いときネダリ ではなく、それがその店で売っているときは、 また買いに行ってしまうものですね。今回も「満腹シリーズ」の特大の弁当に 見せらて、たまたノコノコと巨大スーパー 「ラムー」にまた出かけました。今回は、こ…

友の奥さんからの封書

突然の見覚えのある名字の速達封書が届いた。よく見ると、亡くなった親友の奥様からの 封書だった。苦労を共にした友の死から16日がたっていた。 亡くなった訃報をの知らせを受けた電話の 一声がよみがえった。一瞬、息をのむ。一呼吸おいてもう一度裏面を読…

スーパの巨大弁当で満足。

19日のことである。 ラムーと言う大きなスーパーがある。 2週に1回はこのスーパに車で行く。 だいたい広さは100mx80mぐらいあると思う。ここを知ったのは3年前。 知り合いに行ってみたらと言われて が最初であった。食料では何でもそろうので、、ほかの ス…

チャーシュー代替え牛肉モヤシラーメン

この2日間は胃の調子が少し悪く 食事が美味しくなかった。そこで 昼食にはラーメンを選んだ。 麺の消化の良いことを考えてえらんだ。ふと、 ラーメンが食べたくなるのはなぜかと 考えてみた。食べたくなるには理由があるわけで、 脳からの指令で、 食事中枢…

幻となりそうな特定検診が実現した。

今日は、都道府県のマンボウの解除 から2日がたっていた。22年度末の3月も終わろうとしていた。今日も毎年受診する特定検診を受た。検診の通知はすでに来ていて、実際は 今月の9日に受診する予約が12月には 済んでいた。3月9日であった。今までは順調にこの…

75歳以上高齢者、5月13日より自動車免許試験追加あり。

最近の自動車事故の状態を見ると ブレーキ操作を誤り、停止ペタルと 発信ペタルの踏み間違いによる事故が 多発しています。ペタルの踏み間違いで 母子が犠牲になり、裁判では被告が 「自動車の不備」と否認を続けて 最終的には認めて刑に服した件が ありまし…

石原裕次郎さんの珍しい兄貴との映像。

今日も裕次郎アワーとして憩いの時を 歌を聴きながら過ごした。彼は、自分の持ち歌以外にも、驚くほどの歌を 後世に残している。その歌がすべてに高い人気の上に評価されていて 歌の人気は没後でも親しみと、カリスマ性に 裏打ちされて歌われている。ジョイ…

石原裕次郎さん「知りたくないの」を歌う。

最近は洋楽を聴いているが、 久しぶりに日本の歌を聴いた。水には、弱いので最新の注意穂払い 風呂に携帯を持ち込んで聴いた。昭和の歌のタイトルを巡っているうち ふと止まったところに石原裕次郎さんのジャケットを 見つけて歌を見ると、 「知りたくないの…

実は、スカイツリーの最先端(634m)は、3月18日完成だった。

東京スカイツリーは、日本では一番高い構造物であり (建築区分では建築物ではない)、高さは634mあり、 世界第2位を誇る我が国の構造物の粋を集めた 技術を誇っています。 (世界一の高さの建築物は、ドバイのブルジュハリフア) そしてまたギネスブックに…

前を向いて。

無二の友とが鬼籍に入ってから 初7日が来ました。朝10時に、友に対する自己流の 簡単ではあるが心からの 初七日の仏事でお勤めを済ませ、 心の区切りをいたしました。ご親族の方からは、今のご時世 新型コロナの影響があり、 せっかくのお参り頂いても、 ご…

チラシを覗けば寿司が目に。

今月の9日のことである。 私は、ヤフオクではよく買い物をする。 相当な量のものを手に入れてきて、 観覧するのも、毎日ではないが生活の 一部となっている。ヤフオクでは、 今は、新生活を始める人たちも、予算の方から テレビ、家電、家具の安くて価値のあ…

そばめし式オムライス?を作る。

今日は、余りもの食材、と言っても一度つくった料理を リユースして、腹持ちの良くてうまいものを 作ってみました。 1、 材 料(2人前)① 昨夜の焼きそば ――1人前 ② 冷ご飯―――――――茶碗1杯半③ 胡椒――――――――少々 ④ 塩―――――――――適時 ⑤ 味の素―――――――少々 ⑥ 油―…

3月を弥生と呼ばれる謂(いわれ)と、3月に起こった大きな事件

3月は暦で弥生と言いますね。 ではなぜ弥生と3月に付いたのでしょうか。すでに2月の終わりごろからは、万木の樹木 の芽のふくらみがみえ、梅のように優雅な 花と香りを振りまいていますが、さらに3月に入るとその勢いが強くなり、 芽吹き遅れていた花々も一…

喪明けの食事

友の喪明けの儀式は10時に終えた。 まる1日経った。何とはなしに 晴れやかになった。喪とは親族の2親等以内の中で 用いられるものであるが 今回はあえて、友が人生で 仕事のパートナーとして 30年にわたり作品を作り 上げていく仲間であった為に 親族と同列…

お願いまで。

今日、無二の親友の訃報を突然の 連絡を受けた事において、独自の判断で 一日喪に服すべく事情に相成りました。 休みを戴くことをご容赦くださいますのを この場を借りてお願いいたします。 ブログの訪問、スターのスタンプ 遠慮させていただきました。 すみ…

元気をもらった花たちに感謝。

コロナウイルス接種ででた熱も 平温に回復して、私も朝から活動が 始まりました。opop7976.hatenablog.com 一時の寒さの心配は嘘のように、 今日の天気はまるで春そのものの 気温と、無風は昨日までの私の不運な運を 帳消しにしてくれました。庭に立たずみな…

3回目のコロナ接種後三日目。

コロナワクチン3回目を接種して 3日目になりました。ついに思っていた不安は的中して 異種、同種接種種類に関係なく以前に症状が出た人は 発生する確率は100㌫ではないとしても かなりの確実で、再限があるということ かもしれません。ただ、私の場合はのよ…

モデルナ社のワクチンでもーー起きた。

昨日(7日)、3回目のコロナ接種を 受けに行ってきた。同じ官庁街であるものの、二回目とは場所が違う、 ビルでした。今回はモデルナ社の注射で、2回目までの ファイザー社とは違い、また少し不安の トラブルが頭をよぎっていった。2時からの順番で、午後だ…

南天の赤い実がなくなった。犯人は?。

朝起きて、庭を窓越しに覗くと南天の実がほとんど なくなっていた。早速庭に降りて、南天の場所を覗いてみると 燃やしている線香花火のような形 の茎があります。 玉状の実がなくなっていてたのを確認しました。しかし、その落ちた実がありません。 まさか誰…

今回、イワシイ塩焼きでなく煮つけを作ってみた。

皆さんはいわしを食べますか。 いつもは塩焼きにして、サンマと同じ 大根おろしが我が家は定番ですが、台所を総替えしたため、煙で汚れるのが嫌で 焼くのはしばらくお預けしてから、と思い今回は、イワシを煮つけてみました。 ① 頭と内臓を取り出し処分する…

餃子を夕餉のおかずに焼いた。

5の付く日は餃子の日と聞いている。 ネットでの検索では全国の餃子、 ラーメン店の名が挙がる。 たくさん食べてくださいと言わん ばかりの日です。私んちでは週に1回は餃子を食べている。 まあ業者に貢献しているというわけですか。 はい。有名なところ「王…

超簡単なチキンライス

チキンライスを作ってみました。 オムライスの冠卵バージョンです。 と私が独断と偏見でそう思いのまま宣言します。玉ねぎだけのシンプル料理で、玉ねぎの甘さを 求めてトライしました。1,初めに 2、材料 3、作り方 1,初めにチキンライスは日本生まれの洋…

春の歌を口ずさむ。

朝起きると、いつもの冷たい気温とは 違う暖かさが顔や手先を包む。ふと気が付き庭に窓越に目を向ければ、 庭の紅葉の蕾も心なしか、まだ堅そうだが しっかりしてきたよう。遅咲きの藤棚はまだめを覚ましてはいません。 普通であれば、虫の姿が見えるのにま…

まだ肌寒が、春の陽気に誘われて。

桜に譲らんとする盛りを過ぎた梅 の花 雪国のまだ深い雪の生活を考えれば、 ま冬を連想する気候であるのであるが、寄り道を道草って、遊歩道に何の 目的もなくフラリと出かけた。 よく行く遊歩道 まだ肌寒いが淡い陽気に誘われて―――。今日は昨日の気象と変わ…

和食さとに行く

あまり話たくはないのだが、 月に何日かは、自炊に気が 入らないときがありませんか。今日はそんな日だった。 こんな時は、天気が良ければ 気晴らしに、「和食さと」で 外食となる。家内ともにフラリとともに出かける。食事中の会話に四季風情や日常一般の …

モヤシのラムルを作る。

最近の食品の値上げは、眉を ひそめるほど激しい。米を除く食品は、ものにかかわらず、 値段があがってる。食品の値上がりだけでの価格の 物価指数に転嫁すれば政府のインフレ率が 「2パーセントを満たさず」 と言う宣伝は、実際の国民の 感覚とはずれがある…

シラス丼 を作る。

時代劇シリーズの「遠山の金さん」を 見ているとき、罪人を詮議する庭先の広場 名前が出てこないので調べていたら、おシラスと言うことだと知りました。そしてシラスと言う言葉を調べてみました。 辞書で調べると大きく3分類されているようです。① 白子 白州…

大人気「卵焼き」を作る。(好き度ベスト3内)

日本人の卵への思い入れは外国人が思うより 深いものがあります。もちろん子供は「卵でできたおかず好き?」 と問えばほとんどが好きと 答えるほどの人気のある食材です。かといって、大人はどうかと聞かれるとまた、 これもの好きなのです。端も行かない小…

西郷輝彦さんの追悼歌として「星のフラメンコ」を捧げます。

西郷輝彦氏が昨日2月20日死去されました。 昭和の一世を風靡した 歌の重鎮がなくなりました。 今の時代、無病であれば人生では まだまだ生きらていられる人生でした。 まことに悔しいことでしょう。お悔み申し上げます。11年前に前立腺がんの疑いから 検査で…

早春雨と花木達。

久しぶりに小雨がやってきた。 でも、これって雨なのかな 今時珍しい小ぬか雨みたいである。土砂降りではなく、空から落ちてきて 霧のように消えてしまいそうな雨である。その雨のしずくが枝のここかしこに集まって 小さな水晶の球を作っている。水滴が落ち…