宇奈月ブログ

人生の旅人

天六ガス爆発での命拾い。

はっと気が付けば朝8時20分。
どうしてこの時間までーーと絶句
寝過ごしたのである。

この日は、どんなことがあっても忘れえない。
事件があったのを思い出したのである。

天六のガス爆発事件だった。
「過去のブログの一部編纂して投稿」

f:id:opop7976:20200414001204p:plain
天神橋筋天満宮駅付近

事件が起きたのは
1970年4月8日、今から51年前
水曜日の夕方は5時半ごろだった。

その日の記憶はすべて確かではないが、
要所出来事は覚えている。

後輩の同僚が夜間大学の建築科の入学式にして、
まだ事務手続きか未完了で、私がやることとなり
学校まで同伴した。


そして-運だけに支えられた
予想もしないことが待っていた-----------!!

         
JR環状線を梅田で降りて
私たちは、森口車庫行きのバスの停留所、
に向かった。

1,台目、2台目はすでに満員でスルー

しばらく順調に走った。

久々のバスに身を任せたが
バスがストップ、に気が付く。

かなり停車したと今思う。


自動車、自転車が渋滞に
行き場を失った漂流物ようだった。

やがて 乗客がざわつき始めた。
 
「運転手さん、何とかなりませんか。」
後ろの人がが言った。

それが合図だったようにあちこちで、
これはおかしいと気付き始めた。

窓を開ける者、しゃがみ込む
年配の女性、大きく咳をする人、

同僚が云った。

「急いでます。
ここで降ろしてもらえませんか。」

「では、降りられる方!。」
運転手が云った

弾むように急ぐ人に私たちも
加わって降りた。

天六駅に走りながら、
タクシー乗り場に向かって走った。

幸運にもタクシーを拾った。
「大学まで」と頼む。
2人で少しの会話を交わしたのち、
会話が途切れ沈黙して--------

しばらくたって
「ドドッド」と、
どこかしら聞いたことのない
音がして、私たちを車を振動さした。

 車が横滑の様になった。運転手は

                • 何ですか、いまのは。危ないね、

何か起こったん違いまっしゃろか。
不思議がっていた。

www.youtube.com

しばらくして学校到着し二人は別れた。
何事もなく式のスケジュール通りに進んだ。


9時後に校舎を後にした。

帰宅したとたん家内が
「無事だったん」よかった-
と涙ぐんで聞いたのを今でも覚えている。

テレビでの臨時特集で放送していた。

前のバスに残っていた人達は
どうしただろう。

私たちだけが助かって。

1年ぐらいこの気持ちがついて回った。


有難うございました.
おやすみなさい。


完。