宇奈月ブログ

人生の旅人

建築予算のうっかり

ウナズキです。

最近は、生活圏の中で災害の起こる頻度が、

多くなっています。またいつやってくるか

判りません。雨、風、地震

とその種類が増えています。またその規模が

大きくなっていますし被害が

甚大になっていいます。


簡単な例を挙げますと、

風害:千葉県のゴルフネット支柱の倒壊事故。

雨害:大雨で河川の堤防が氾濫して、
 
  甚大な被害が生じて今も苦しむ人々が居ます。

 (例:千曲川)氾濫。

地震害;平成26年熊本県震度7
 
  の地震。―大きな被害等があり、一たび起こると

 保障、仮設住宅の不足、生活インフラの不足など、

なかなか復興に結びつかないのが、現状です。

例えば熊本で被害を受けて諦め東京に

引っ越した例もありますね。

幸いにも、確認書があったので東京に引っ越して使いたい。

予算もあるし、場所も決まっているので安心だ。

でも予算の面では頭の痛いことが生じるのです。


建物はどのようにして、安全を検討する

のでしょうか。簡単に言いますとまず

① 建物の自立時に壊れないかどうか

② 自分の建物の 2割を乗じた力で

 揺り動かしてみる。

③  ①、② が同時に生じた時
  
   ――地震時と言います。

   コンピューターでシュミレーション
   
   します。

安全であれば、良いわけす。

壊れる部材があれば取り換えて

安全になるまで検討する訳です。


皆さんのなかには、例えば熊本で設計しても

同じ設計条件だと東京で家を建てても、

材料費は同じだと思われていませんか。

例えば、熊本で設計して建て許可(確認)

を得た建物を、東京で建てたいします。

この場合、引っ越し先のほうが、梁、柱材が

多くなり割り高になります。これは、東京では

結果的に割高となるのです。

物価が高いからと言う理由から

ではありません。

実は 建築基準法施行令による

「からくり」があるのです。

東京の建物のは、熊本よりも骨組みを

頑丈にしなさい。と言うことです。

熊本の強さを1.0 としたとき東京を1.1-1.25倍

しなさいよ。と言うことです。

熊本は東京の8-9掛け でよいと言う

事ですね。


なぜこうなっているのか。怪です。

こんな事があるので、うっかりせず

地域をまたいでの建築の予算は、

十分余裕を見ておきましょう。



お付き合いいただきありがとうございました

D20j8