宇奈月ブログ

人生の旅人

「エルビス・プレスリー」オオ・ソレ・ミオをうたう。

最近は、オー・ソレ・ミオにはまっています。

いろいろな歌い手のオー・ソレ・ミオを聞いている。
もちろん性別を超えて聞いている。

この歌が世界中の歌い手が、歌っていることを知った。

イタリア民謡カンツォーネであり、エドアルド
・デイ・カブアが―ロシアだったと記憶するが―
旅行中に創ったと言われている。

片や、サンタルチアとも違った曲感で、多くの
歌い手から支持を得ている。

オー・ソレ・ミオの歌い手は
3大テノール歌手(ルチアーノ・バヴァロッティ、
ホセ・カローラス、ブラシド・ドミンゴ)、
エンリコ・カルーソ、
マリ・ランツア、
が特に有名である。

日本の歌手では宇崎竜童さんも
歌っている。

異色中の異色
エルビス・プレスリーさんが甘い声で
歌っているのが 目にとまったのである。
題名:
「イッツ・ナウ・オアー・ネヴァー」

www.youtube.com



プレスリーさんと言えば、ロック歌手
その甘い声は、数多くの聞き手を
魅了した。強烈なリズムに掻き立てられて
その甘い声は、多くの女性フアンの心を
虜にした。

コングオブロックンロールの
エルビスプレスリーさんが
歌っていることすら知らなかった。

エルビス・プレスリーさんの歌う
オー・ソレ・ミオ はなまえを変えていた。


あの甘い、 語りかけるような歌声、
そしてちょびっと投げやり的な歌い方、
それが編曲となって、まるで別の歌
に聞こえた。

しかし、歌い手の編曲であっても
イタリアの民謡のメロディーの心は
変わりなかった。

*****

そしてエルビスは彼の歌に対する
生きざまは、黒人と白人が
分かれていたその時代の世界を、
歌を通して融合した最初の人と
言われている。彼が世の出なかったら
融合の世界は、もっと後になった
かもしれません。

to

(じんぶん堂 参考)

*****

ただ歌がうまいために、
偉大だというだけでなく

歌を通して、その生きざまが、
大きな影響を与えてことは、
大きな功績に違いないでしょう。




ありがとうございました。


完。