宇奈月ブログ

人生の旅人

「南部蝉しぐれ」のカバー曲を歌う市川由紀乃さん。

いつものようにこう天気の良い日は
南に開けた庭に出ると

東の空に綿帽子の雲が、
柔らかい浮き雲となって、東の山並みに
フワリと浮いている。

南北に連なる連山の山並みを包む
まるで、幼児がぶる帽子のよう。

風がないのに、少しずつ、西に向かって
綿菓子状になりながら流れている。

その雲以外には何もない青空で、
流れてくるPM2.5による春霞の
影響が今日はない。

春らしい日は多々あるが今日は
そう多くない春日和です。
こんな日は心も弾む。

*****

ある映像を観覧していたら
自分の大好きな歌を 女性歌手が
歌っていた。 その歌、
「南部蝉しぐれ」だった。

市川由紀乃さんがうたっていた。
心が鳴った。

この歌は 福田こうへいさん
の 代表作、デビュー作でありの
代表作。


2020年日本レコード大賞
最優秀新人賞受賞 歌である。

この歌は、この歌詞が自分の生き方
に重なっていた部分が多く
私の心酔する歌でもある。


●〽 南部蝉しぐれ ●〽

歌手:市川由紀乃(カバー)
作詞:久二京介
作曲:四方章人


一番〽
南部 盛岡 雫石
思えば遠い ふるさとよ
夢がこぼれた 都会の谷間
読んでみたって 山彦ばかり
弱音を吐くな 強気になれよ
酒に聞いてる 蝉しぐれ

 二番〽
駄目な時には ふりだしに
戻ればわたし そこにいる
出世するのも 人生だけど
夢のまんまも いいものですと
惚れているんだよ 待ってておくれ
浮世小路の   五合酒

www.youtube.com

 三番〽
負けて泣くより 勝ってなけ
次節は来ると 風がいう
あれをごらんよ 真っ赤な夕日
落ちていくのに まだ燃えている
とがって生きろ 丸くはなるな
胸に聞こえる 蝉しぐれ

(了)


市川 由紀乃 さんが歌っていたのには
驚いた。

男性は 清水博正 山河歌っているけど
こうへいさんの歌を歌っているのは
女性ではこの由紀乃さんだけだろう。

女性でもいい声していますね。
こぶしもよく回り
さすがに高音部の音階が滑らかで
流れるようなメロディと
強さを保ったままの音階
さらに上品な艶やかさ。

違和感なく耳に、心にすんなり
染み入りました。

堪能しました。

彼女は
2019年、日本レコード大賞
最優秀歌唱賞受賞者です。

どうゆう縁で「南部蝉しぐれ」を
歌うことになったか
そのいきさつが知りたい。

フアンとしては、そんな
気持ちになります。





ありがとうございました。
おやすみなさい。



完。