宇奈月ブログ

人生の旅人

淡路神戸震災と私(1)

阪神淡路大地震間から25年前の
平成7年(1995年)1月17日15日 火曜日

www.youtube.com


まだ夜が明け初めての5時46分
マグニチュード7.3(場所により違いがありますが
max7震度)
早起きする人々朝食を作る時刻でした。

当時は朝日放送により

時間が進むにつれその神戸の被害が次第に明るみに
なってきました。
しかし実感としては発生した地震の理解が薄かったようで、
まさか近畿で起こることは考えもありませんでした。

しかし、
6時7時と建物の倒壊、類焼事の重大な事故が
視覚を通して、またその多さが伝わってきました。

朝日放送から入る被害情報に「大変なことが起こった」
とは思いました。

当時は、神戸市とかかわる仕事をしていましたので
仕事でも大変なことになったと一瞬で、理解しました。

半年前から神戸でかかわっていた、仕事の総決算が
製品として出ることになっていたわけです。

この震災で、途方に暮れることが起こりそうな
前触れでした。






(続)