宇奈月ブログ

人生の旅人

工事の影響、家も陥没で危ない。

今年、10月18日日曜日
東京都調布市つつじケ丘2丁目付近で
陥没事故が起こりました。

f:id:opop7976:20201221212924p:plain


突然住宅の前の道路が、道路寄りの壁際から
道路まではみ出して、陥没しました(写真黒部分)

住宅地にお住いの方は寝耳に水の出来事で、
想像もしていなかったという事です。

この工事を行った当初からは、
工事の説明会が複数回行われていました。

多くの市民たちが説明会に参加して
おられたようです。

中には、住宅地の下に穴を掘ることに対しては
説明会当初から不安を抱く人もいました。

現場では、地下40メートル以下に直径16㍍の
トンネルを2列平行に築造したところでした。
(〇 〇)


そのプロジェクトの名称は
東京外郭環状道路工事(仮称)」
でありますよ。

その東京の市都圏の歴史的な道路の建設は、
昭和35年からはじまりましたが、

いまだに「3環状9放射状線」が
完了しておりませんね。

* **

でも集会での国、事業者側は、
非常に深い40メートル以下での横穴は、
表面に影響がないと、断言していました。

そもそも40メートル以下に穴を掘るのを
可能にした根拠は何なのか、ですよね。

根拠としたは、大深度地下利用法」
によるものでした。

簡単に言えば、一般人には利用できなくて
公共の用途に寄与される対象物が、
難しい審査を経て許可されるみたいですね。

この法律によって施行されるか、進行中か
を入れてもいまだに3件にとどまっています。

構造物の支持杭などは、40メートルを超えるものも
ありますが、特別に緩和規定があります。


その後、工事は進み、その後調べた住民は、
次のことを知りました

ボーリングーの本数が不足していたのです。
つまり、
 200mごとにサンプルを取る必要を、
 992m毎に間引いて実施していた。

(穴を掘り、土を採集して、地盤を
性質特殊な機械で調べ、どの工法が
適しているかを掴んで、最適な工法を
採用するための大切な準備工事)
――――この資料により地盤耐力が
決まります。)

この道路陥没事故により、おおむねこのトンネル工事
と道路陥没事故に「因果関係がないとまでは言えない」
との証言を引き出しました。

そして保障の話にもつながっていきそうです。

郁々はリニア新幹線にも影響を与えるでしょうね。



HARBOR BUSINESSによれば
これとは平行に、被害者有志からなる訴訟
が進行しています。

ありがとうございました。
 おやすみなさい。

完。