宇奈月ブログ

人生の旅人

アイジョージの歌:「赤いグラス」と。

今日は、久しぶりに朝からは雨。
強弱を挟んだ雨が、ひとしきり続いた。

そして、雨脚はまばらになりながら、
小糠雨のような雨に変わった。

梅雨でもないのに、と庭を眺めながら、
心に呟く。

こんな激しい降り方は、年にあまりない。

車庫のプラスチックの波板の屋根を
たたく音が、こんなんだったのか

と一瞬だが、騒々しさを思い出す。
まあ仕方ないか、とあきらめている。

急に思い出す。
少し声でも出そうかな、今日は雨だし、

マイクなしアカペラでは
近所の手前の気遣いもあまり不要かも。

機械を取り出して、コードをつなぐと
早速即席カラオケの部屋になった。

しばらく、歌声を出すことから
離れていると、腹から声が出すのが
心持重たい。喉声になっている。

声を出して、自分で想像している
ドレミの音も心なしか、いまいち
しっくりと納得がいかない。

ピアノの鍵盤をたたいていて、
強制的に声をなじませる。

何時も艶歌で過ごしてきたので、久しぶりにアイジョージの
「赤いグラス」を歌う。

何年振りだろう。
数十年ぶりかな、

歌う。

〽● 赤いグラス ●〽
歌手:アイジョージ
作詞:門井八郎
作曲:牧野昭一


👨
唇寄せれば  なぜかしびれる
赤いグラスよ 
愛しながら分かれて 今もなお
遠く一シム あの人の
涙、涙、涙


👩
別れの言葉を  思い出させる
赤いグラスよ
私だけが知っている
恋の苦しみ   もう一度
夢を 夢を 夢を

👨👩
帰らぬあの日よ 今宵再び
赤いグラスに
花は咲いても 散っても 思い出は
赤いグラスに  口づけて
何時も いつも いつも




赤いグラス
https://www.youtube.com/watch?v=qhgcYEYAfm0

悲恋の曲に近いよね。


ガラスのジョニー
www.youtube.com

歌いながら、切れぎれに思い出す。かみさんと歌ったな。
これも遠い昔々の思い出。

歌詞とは違い、どうゆうわけか長続き、
今でも 今でも



1995年にリリースされた歌で、よく歌ったものです。
あの低音は、大フアンでしたフランク永井さん張りで、

骨太の歌声は、体に響くほど
トリオロス・パンテョスの前座で頭角を現して
再度、テイチクからデビュウ。

実力が認められて、1960年~1971年と12年間
NHK紅白に出たほどの人気がありました。


ありがとうございました。

200925
完。