宇奈月ブログ

人生の旅人

うた:男川、福田こうへいさん 歌う。

f:id:opop7976:20200712001229j:plain

さて、長らく待望の2月に発売の「男川
今絶好調の歌。聴いてみましたた。これぞ彼の中でも
一番人気がある歌ですね。ある個人の人気投票で1位の
栄冠を得たのは、この「男川」だそうですよ。

私の最も好きな「南部蝉しぐれ」は後塵を拝しましたが、
しっかり2位を守りました。

歌手:福田こうへい
作詞:里村龍一
作曲:岡 千秋


♪● 男  川 ●♪



流れる川は 生きている

何も語らず 堂々と

裸一貫   男の値打ち

義理は人情と がまん酒

空は真っ赤な 男川

(1番)



www.youtube.com


この歌には特に大きな変化が
ありました。

今まで多く福田こうへいさん
の歌の作詞を手がけていた
作詞家が変わりました。

仁恭介さんから
新作詞家、里村隆一(※)
さんに変わったのです。

作詞の質が変わると、
曲の感じが変わる
事はあると想像はで
きますよね。

しかし、この「男川」は、

こうへいさんの基本の歌心、

民謡のあの透き通る高音域、

息の長い声の伸び、絶妙な節回し

(こぶし)が大切に

生かされていると感じました。

ふと、思いますのに、どこか

詩(し)の気持ちが似ている歌がある

と感じました。

そうです。

「南部蝉しぐれ」の中で、歌われている

辛抱、と くじけない心が

似ていると。

www.youtube.com


(※)
作詞家:幸村隆一さん
  日本作詞家㈿ 7代会長

かずかずのヒット曲の作詞を作り
多くの歌手を世に送り出し、
その手腕は、歌手に最適な詩心
を作る

作詞の魔術師
でしょうか。




有難うございました。



20/07/11