宇奈月ブログ

人生の旅人

遊歩道の花と水路と散策と

どん寄りとした日が昨日から続きます。

ふいに遊歩道の自然や動物に会いに
行きたくなりました。

遊歩道の路傍の草木の花、葉々の色艶、
鳥たちの動きに私は憩いを期待しますた。

昨年、この時期遊歩道に訪れた時には
初めてかわいらしい雛を連れた
カルガモ」の家族がいました。

始めてこの歩道橋に巣営を始めたのです。

その情景の記憶像が、頭も中に
幾重にも残っていました。

今年も居てくれるかもしれない、
見てみたい心境が私を突き動かす。

腕時計は金属アレルギーなので、
持っていなくて、

時間を見るのは、
携帯ではがめんどくさのです。

正確な時間が要らないときは、
体内時計で、過ごしていています。

出かける時もずぼら時計で、
夕4時前でした。

今日は車で行こう。
素早くエンジンをかける。

昨日日曜の混雑と比べると、車が少ない。
月曜と言うのにーーーーーーー。

小半時間で、現地に着く。

f:id:opop7976:20200622195227j:plain

明らかに今に雨雲に変化していきそうな
雲が千切れながら 低く浮いていました。

その隙間から
太陽が時間を知らすかの様に、申し訳
なさそうに顔を出しています。

昨年、「カルガモ」を見た場所を
覗く。
姿が見えなません。
巣営の跡もありません。

opop7976.hatenablog.com



半分諦めながらも、また機会が
あるのだと気持をを切り替えて、
散策する。

f:id:opop7976:20200622194349j:plain



f:id:opop7976:20200622194301j:plain


f:id:opop7976:20200622194446j:plain


秋口に吹くような、そよ風で温度の低い
風が吹いてるのに気付く。

じめじめさは思ったより感じない。

そよ風が、水路の水に小さな変化を与えていました。

f:id:opop7976:20200622225541j:plain

f:id:opop7976:20200622195058j:plain

f:id:opop7976:20200622194115j:plain


f:id:opop7976:20200622193957j:plain



水路の小さな堰が、小さな滝を作り
風と光によって水に涼しさと美しい変化
を作りだしていました。




光と風の魔術の様な水の自然模様が、

淡い墨絵の様に、

きれいだでした。


お付き合い有難うございました。