宇奈月ブログ

人生の旅人

咲く花散る花の 寸話。

最近天気の日が続き、
庭を眺める時間が増えてきました。
みかんの木に肥料をやりました。

今年の暮れに、近所から
頂いていた花があります。

白い鉢に植えられた、
葉っぱが白菜に似ているな、
直ぐ忘れていた花。

f:id:opop7976:20200211001533p:plain


寒さにかまけて、
気に留めなかった。桜草 です。

今年f:id:opop7976:20200211001107p:plain

f:id:opop7976:20200211001306p:plain


昨日、庭の隅で、見てはっと驚いた。
すっかり、大きくなっておりました。
そして、鮮やかに、少し品があり
咲いていました。その紫の色合いが
いいです。
灯台元暗し とはこのことですね。

花々たちは、光の当たる時間から、
季節を感じ取り乍ら次第に開花の力を
ためて、そこまで来ている春に向かって、
遅いけど、着実に春への扉を開こうと
しています。

季節が冬から春に移り変わるように
花達も、花の交代が進んでいっています。

年をまたいで咲いていた私の家の花々。
山茶花、かにサボテンたちや
梅など、

寿命をつぎ咲く花に託して間もなく
散り去っていきます。
最後輝きがここにあります。


[f:id:opop7976:20200211001853p:plain
葉サボテン

f:id:opop7976:20200211004115p:plain


f:id:opop7976:20200211002011p:plain


f:id:opop7976:20200211002236p:plain
山茶花

f:id:opop7976:20200211002438p:plain
紅梅


f:id:opop7976:20200211002940p:plain







お付き合い有難うございました。


完。